武蔵野銀行

金融機関コード:0133

頭取メッセージ

皆さま方には、平素より私ども武蔵野銀行グループをご利用、お引き立ていただき誠にありがとうございます。

埼玉県は、圏央道の県内全線開通や新幹線の延伸により、全国各地への交通利便性が向上し、企業立地や設備投資が加速するなど、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、経済の更なる活性化が期待されております。

このようななか、当行は平成28年4月より、新たな中期経営計画「MVP 2/3(ツーサード)」をスタートさせました。

この中期経営計画は、長期ビジョン「埼玉に新たな価値を創造する『地域No.1銀行』」の実現に向けた第2工程として、「地域の皆さまから一番に相談され、課題に寄り添い、共に解決していく銀行」を目指す姿に掲げ、県内及び県境地域における店舗ネットワークの更なる拡充、最適なソリューション提供に向けた営業力の強化、女性をはじめとした多様な人材の活躍推進などに取組んでおります。

また、平成28年3月に締結いたしました、同じ首都圏を経営基盤とする千葉銀行との包括提携「千葉・武蔵野アライアンス」も活用し、地域社会の様々な課題の解決に向け、取組みを重ねていくことで、お取引先の皆さま、そして地域社会に対して、より高い付加価値のあるサービスを提供してまいります。

私ども金融機関を取り巻く内外の環境は、フィンテックにより従来には無かった新しい金融サービスが次々に生まれるなど、大きく変わりつつあります。

さらに、お客さま本位の業務運営(フィデューシャリーデューティー)の徹底や、金融仲介機能の一層の発揮など、金融機関に求められる責任と役割はますます大きなものとなっております。

当行は今後とも、「地域共存」「顧客尊重」という創業以来の経営理念のもと、地域の皆さまからのご期待にお応えするため、グループ役職員一同さらなる研鑽を積んでまいります。

皆さま方からの変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ