武蔵野銀行

金融機関コード:0133

沿革

1949年に政府の一県一行主義が改められ、1950年から1954年の間に全国で12の地方銀行が新たに誕生しました。武蔵野銀行は、1952年大宮(現さいたま市)に本店を置き、埼玉県の地方銀行として県内の中堅・中小企業などの金融の円滑化を図ることを目的として設立、以来、県民の皆さまのご支援と県勢の発展に支えられ、今日に至っております。

1952年 4月 資本金1億円、本店を大宮市(現さいたま市)に置き8か店で開業
1969年 8月 新本店(現在地)完成
10月 当行株式東京証券取引所市場第二部に上場(1970年8月東京証券取引所市場第一部に上場)
1972年 8月 外国為替業務取扱開始
1974年 4月 事務センター完成
1975年 2月 総合オンライン稼動(1985年2月第2次総合オンライン稼動)
4月 「武蔵野総合リース株式会社」資本金30百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立(現ぶぎん総合リース株式会社・連結子会社)
1982年 4月 「武蔵野信用保証株式会社」資本金20百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立(現ぶぎん保証株式会社・連結子会社)
1983年 4月 国債等公共債の窓口販売業務取扱開始
10月 外国為替コルレス業務開始
1985年 6月 債券ディーリング業務開始
11月 「むさしのカード株式会社」資本金30百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立(現連結子会社)
1986年 8月 「武蔵野ビジネスサービス株式会社」資本金20百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立(現ぶぎんビジネスサービス株式会社・連結子会社)
12月 東京オフショア市場取引開始
1988年 2月 第1回無担保転換社債100億円発行
6月 担保附社債信託法に基づく担保附社債の受託業務開始
1989年 6月 「ぶぎんカードサービス株式会社」資本金20百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立(現連結子会社むさしのカード株式会社)
8月 「ぶぎんシステムサービス株式会社」資本金20百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立(現連結子会社)
1990年 8月 「ぶぎんビルメンテナンス株式会社」資本金20百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立
1992年 4月 「株式会社ぶぎん地域経済研究所」資本金20百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立(現連結子会社)
1997年 4月 「株式会社ぶぎんキャピタル」資本金20百万円、本社を大宮市(現さいたま市)に置き設立(現連結子会社)
1998年 12月 証券投資信託の窓口販売業務開始
2001年 4月 損害保険の窓口販売業務開始
2002年 4月 「むさしのカード株式会社」と「ぶぎんカードサービス株式会社」が合併。存続会社「むさしのカード株式会社」資本金40百万円(現連結子会社)
10月 生命保険の窓口販売業務開始
2003年 1月 北埼信用組合を合併
2004年 12月 証券仲介業務開始
2006年 1月 じゅうだん会共同化オンラインシステムに移行
6月 「ぶぎんビルメンテナンス株式会社」(連結子会社)を合併
2012年 9月 新事務センター完成
2014年 2月 「ぶぎんビジネスサービス株式会社」(連結子会社)清算
2017年 5月 「むさしのハーモニー株式会社」資本金10百万円、本社をさいたま市に置き設立(現連結子会社)

このページの先頭へ