武蔵野銀行

金融機関コード:0133

公益信託武蔵野銀行みどりの基金

公益信託武蔵野銀行みどりの基金は、埼玉県内における自然環境保全および創出に資する活動を行う個人または団体等の皆さまのご活動資金の一部を助成するものです。おかげさまを持ちまして、2018年度までに延べ259団体、総額約6,800万円の助成金を贈呈しております。

公益信託武蔵野銀行みどりの基金とは

公益信託とは

公益を目的として、委託者が金銭を「公益信託ニ関スル法律」に基づき受託者に信託し、受託者がその公益目的を実現するために信託財産の管理や助成活動を行う制度です。

埼玉県内の美しく住み良い環境づくりのために

公益信託武蔵野銀行みどりの基金は、1992年7月、武蔵野銀行創業40周年記念事業の一環として、埼玉県内における自然環境保全および創出に資する事業に対して活動資金を助成することにより、埼玉県内の美しく住み良い環境づくりに貢献することを目的として創設されました。

創設 1992年7月
信託財産 金額 1億9千万円(2018年3月末現在)
目的 埼玉県内における自然環境の保全および創出に資する活動に対する助成を行い、もって美しく住み良い環境づくりに貢献する。
委託者 株式会社武蔵野銀行
受託者 三菱UFJ信託銀行株式会社
主務官庁 埼玉県
運営委員 5名
信託管理人 1名

毎年4月に助成金を給付

助成先の募集は、例年10月1日(土日祝日の場合は翌営業日)から12月中旬まで行われます。その後、2〜3月に開催される運営委員会にて厳正な審査が行われ、助成先と助成金額が決定し、4月下旬に助成金の給付が行われます。

2019年度 助成先の募集について

申請受付期間 2018年10月1日(月)〜12月17日(月)
募集要項 PDF版(168KB)
助成金給付申請書 PDF版(197KB)
WORD版(129KB)
(記入例) PDF版(219KB)

3つの助成対象事業

2018年度助成先の皆さま

No. 名称(敬称略・50音順)
1 NPO法人 エコ.エコ
2 NPO法人 エンハンスネイチャー荒川・江川
3 大台東緑化クラブ
4 柿沼堀を守る会
5 加治丘陵につつじを植え戻す会
6 金子山いろりあん
7 認定NPO法人 熊谷市ほたるを保護する会
8 高麗川ふるさとの会
9 埼玉県生態系保護協会加須支部
10 笹目川の環境を守る会
11 新河岸川水系水環境連絡会
12 NPO法人 秩父の環境を考える会
13 新座キツネノカミソリ保存会
14 NPO法人 はとやま環境フォーラム
15 原市みどりの再生ボランティアの会
16 ふかや緑の王国ボランティア
17 別府沼を考える会
18 未来遺産・見沼たんぼプロジェクト推進委員会
19 与野・水と緑の会
20 寄居町かたくりを守る会

各助成先のご紹介はこちら

2017年度助成先のご紹介はこちら

2016年度助成先のご紹介はこちら

2015年度助成先のご紹介はこちら

2018年度助成先の皆さまの写真
2018年度助成先の皆さまの写真

基金創設25周年記念誌「ひこばえ」の発行について

2018年3月、公益信託武蔵野銀行みどりの基金創設25周年を記念し、基金の概要や助成先のご活動内容等を紹介する「ひこばえ」(第5集)を発行しました。

お問い合わせ

048-641-6111

武蔵野銀行 広報・CSRグループ
受付時間:平日 9:00〜17:00
(土・日・祝日・12/31〜1/3を除きます)

このページの先頭へ