武蔵野銀行

金融機関コード:0133

「休眠預金等活用法に係る異動事由」について

2018年1月

 株式会社武蔵野銀行(以下「当行」といいます。)は、休眠預金等活用法に係る異動事由について、以下のとおり取扱うことといたします。

休眠預金等活用法に係る異動事由について

対象預金

当座預金(当座勘定)、普通預金、貯蓄預金、納税準備預金、通知預金、別段預金、定期預金、積立式定期預金、定期積金、非居住者円預金、総合口座

異動事由

 当行は、上記対象預金について、以下の事由を民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(以下「休眠預金等活用法」といいます)に基づく異動事由として取扱います。

  • 引出し、預入れ、振込みの受入れ、振込みによる払出し、口座振替その他の事由により預金額に異動があったこと(当行からの利子の支払に係るものを除きます)。
  • 手形または小切手の提示その他の第三者による支払の請求があったこと(当行が当該支払の請求を把握できる場合に限ります)。
  • 預金者等から、上記対象預金について次に掲げる情報の提供の求めがあったこと。
    • a.公告の対象となる預金であるかの該当性
    • b.預金者等が公告前の休眠預金等活用法に基づく通知を受ける住所地
  • 預金者等からの申し出に基づく預金通帳または証書の発行、記帳もしくは繰越があったこと(通帳の記帳については、記帳する取引がなかった場合を除きます)。
  • 総合口座取引規定に基づく他の預金について、上記①から④に掲げるいずれかの事由が生じたこと。
  • 通帳口の定期預金における同一通帳内の他の預金について、上記①から④に掲げるいずれかの事由が生じたこと。
  • ※①〜③は休眠預金等活用法に基づく法定異動事由となります。
    ④は休眠預金等活用法施行規則第4条3項1号に基づく認可異動事由となります。
    ⑤⑥は休眠預金等活用法施行規則第4条3項6号に基づく認可異動事由となります。

以上

このページの先頭へ

商号等:株式会社武蔵野銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第38号 加入協会:日本証券業協会