武蔵野銀行

金融機関コード:0133

結婚・子育て資金専用口座「君のしあわせ」

20歳以上50歳未満のお孫さまがいらっしゃる方へ むさしの結婚・子育て資金専用口座 君のしあわせ 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置対応口座です

商品詳細

対象となる預金 普通預金
※口座開設時に結婚・子育て資金管理特約を締結させていただきます。
ご利用いただける方 直系尊属と書面にて贈与契約を締結している20歳以上50歳未満の個人の方
お預入期限 平成31年3月29日まで
口座開設方法 お近くの武蔵野銀行窓口でお申込みいただけます。
お預入方法 本預金の口座開設店の窓口で申告書等のご提出とともにお預入れいただけます。
最低お預入額 1円以上(1円単位)
お預入限度額 1,000万円(利息はお預入限度額に含みません)
お引出方法 口座開設店の窓口でお引出しいただけます。※結婚・子育て資金を立替いただき、その際の領収証等原本のご提出が、お引出しの都度必要になります。
お取扱手数料 無料
口座解約 次のいずれか早い日をもって「結婚・子育て資金管理契約」が終了するため、本口座をただちにご解約いただきます。
  • ○受贈者さまが50歳になられたこと。
  • ○受贈者さまが亡くなられたこと。
  • ○専用口座の額が零となり、受贈者さまと当行の間でこの契約終了の合意があったこと。
  • ※引続き、一般の口座としてのご利用はできません。

ご注意ください

お申込時

  • 結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置(以下「本非課税措置」といいます)にともなう金融機関へのお預入れは、受贈者さまお一人あたり1,000万円が限度額となります。またお預入れできる金融機関は1金融機関(1支店)のみとなります。複数の金融機関・支店へのお預入れはできません。
  • 本非課税措置の上限金額は、受贈者さまお一人あたり1,000万円ですが、婚礼や家賃、転居などの結婚に際してのお支払いは300万円までとなります。
  • 本預金にお預入れいただく前に支払われた結婚・子育て資金は、本非課税措置の適用対象外となります。
  • お預入れされた資金を減額することはできません。
  • 本預金は、キャッシュカードの発行、インターネットバンキング「むさしのダイレクト」、口座振替のお引落口座、カードローン返済用口座のご指定のお申込みはいただけません。

お引出時

  • ご提出いただく領収書等は記載された支払年月日から1年を経過する日までのものが有効となります。1年経過後の領収書等によるお引出しはできません。

終了時

  • 本商品の終了日は、「受贈者さまの50歳の誕生日前日」、または「本預金の残高が0円となり、受贈者さまと当行で契約終了の合意があった場合となります。契約終了時に、「未利用残額※」がある場合には贈与税の課税対象となり、その納税義務者は受贈者さまとなります。
    ※[贈与金額]−[結婚・子育て資金のお支払い金額]
  • 「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」と税制上の取扱いが異なり、契約期間中に祖父母さま等が亡くなられた際、結婚・子育て資金のお支払いに充てられていなかった残額がある場合、当該残額は祖父母さま等から相続などにより取得したものとみなされ、相続税の課税対象となりますので、ご留意ください。
    ※受贈者さまがお孫さま等の場合において、本制度を利用して贈与を受け贈与者さまが契約終了前に亡くなった場合は、受贈者さまの相続税額に20%加算されません(いわゆる「2割加算」の適用は受けません)。
    贈与者さまが複数の場合、未利用残額は贈与者さま毎の拠出金額で按分計算して算出します。

その他

  • 平成25年4月1日より、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」が施行されております。子の育児に係る費用については、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」と対象範囲が重複する部分がありますが、一回の支払いについて、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」と重複して適用を受けることはできません。
  • その他本預金の特約に反する取扱いがあった場合には本非課税措置の対象外となる可能性がありますのであらかじめご了承ください。また、この特約を変更する場合は、あらかじめ変更の内容および取扱いの期日を店頭に提示し、その期日の到来とともに変更特約が発効するものとします。

税務上等の取扱いについては、税理士等専門家にご相談ください。

インターネットバンキング むさしのダイレクト

  • ご利用案内
  • 体験版
  • 店舗・ATMのご案内
  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • 日本・世界のマーケット
  • 各種お手続き

このページの先頭へ