戻る 外貨預金

外貨預金は、米ドル、ユーロ、および豪ドルの外貨建てで預入れ、かつお利息も外貨で付利される預金です。通貨によっては円預金に比べて利率が高いものもあり、為替相場の変動によっては為替差益が期待できますが、逆に為替差損が生じ、円に換算すると元本割れとなる場合もあります。

為替適用相場について

外貨預金のお取引きに適用される為替相場は、当行所定の手数料を含んだ以下の公示相場を基準としています

TTS(電信売相場):円貨から外貨に替える時の為替相場(お預け入れ時の適用相場)
TTB(電信買相場):外貨から円貨に替える時の為替相場(お引き出し時の適用相場)

例えば米ドルの場合、TTSとTTBの差は2円(外貨定期預金は1円)あります。よって為替相場に変動がない場合でも、お預入れ時の円貨額よりお引き出し時の円貨額が少なくなり、元本割れが生じることがあります。
※ユーロの場合は3円(外貨定期預金は2円)、豪ドルの場合は4円(外貨定期預金は3円)

外貨普通預金

外国通貨建ての期間の定めのない預金です。

米ドル、ユーロおよび豪ドルの3通貨からお選びいただけます。お好きな時に円に替えられるため、お客さまご自身の判断とタイミングで運用いただけます。

外貨定期預金「ドルえもん」

外国通貨建ての預金のうち、あらかじめ預金の期間を定め、原則としてその期間中は払戻の要求に応じないことを条件としている預金です。

米ドル、ユーロおよび豪ドルの3通貨から選べ、30万円相当額からお預け入れいただけます。
期間は1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年および1ヵ月以上の期日指定からお選びいただけます。
お預入れおよびご解約ともに、適用相場に織り込まれている1通貨あたりの為替手数料は全通貨50銭割引いてお取扱いしております。

退職金専用運用「益々元気プラン」

長年の勤務の証として受け取る「退職金」。
武蔵野銀行では、皆様の退職金を大切にお預かりする商品をご用意しております。

  • 円定期預金のみで運用する「定期預金運用コース」と、円定期預金と投資信託または外貨定期預金を同時運用する「積極運用コース」がございます。

商号等:株式会社武蔵野銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第38号
加入協会:日本証券業協会