30代から病気が増える!?女性は保険について何を知っておくべき?

今回の相談者は「自分に合った保険や最適な加入タイミングがわからない」という、るいるいさん(28歳)。あまり細かくルールを決めず、相手のお金の使い方にも関与しないというスタイルで“夫婦別財布”を実践中。現在、貯蓄は夫任せになっているけれど、自分でも貯蓄できるようになりたいそう。いざというときすぐに使える現金がないのが不安だとか。(取材・文/島影真奈美)

どうすれば、貯蓄と保険が両立できますか?

3歳と1歳3カ月の子どもを育てながら共働き中です。30歳ぐらいになると女性が病気になりやすくなると聞いたので、健康なうちに医療保険に入るべきなのかなと思いつつ、手持ちのお金との兼ね合いもあり、悩んでいます。現在、自分でやっている貯蓄は個人年金のみで、あとは夫任せ。夫はしっかりしているので当面は大丈夫そうだけれど、離婚など万が一のことを考えると自分でも貯められる習慣をつけたいとも思います。将来、年金の支給年齢が引き上げになるとしたら、その分も貯めておかなくてはいけないし……。上の子が小学生になったら、3人目もほしいので、なんとか貯金と保険を両立させたいです。(るいるい/金融・証券/事務職/28歳)

【るいるいさんprofile】
夫と子ども(3歳と1歳3カ月)の4人家族。2013年4月に職場復帰し、時短勤務中。平日は夫が子どもたちのお迎えに行ってくれる。手取り年収210万円、手取り月収17万円。夫婦別財布。住居費や水道光熱費、通信費など生活費全般は夫が払い、食費や外食費の一部、美容費や化粧品代、子どもとのレジャー費などをるいるいさんが払うというようにゆるやかに分担。昨年マイホームを購入し、月々の住宅ローンは約10万円(ボーナス時は約20万円)。ローン支払いは夫が負担、また貯蓄も夫に任せており、自分では個人年金のみ。

編集部今回の相談者である、るいるいさん一家が加入している保険は子ども2人分の学資保険(月々約3万円)、夫の医療保険と個人年金(合わせて月1万円程度)、ご本人の死亡保険と個人年金(合わせて1万1,000円)だそうです。

花輪陽子(以下、花輪)ご本人は医療保険には入っていないんですね。

編集部はい。医療保険の加入は検討中とのことですが、自分が亡くなったときに死亡保険の保障額約1,000万円で足りるのかどうか、また老後の資金をどうやって貯めていくかという点も気がかりだとか。るいるいさんは、万一のことを考えて準備しておきたいそうですが、20代女性の中には「そもそも保険は必要?」と考えている人も多そうです。

花輪保険には、ケガや病気のときの出費に備える「医療保険」、死亡時に保険金が支払われる「死亡保険」、老後に備える「個人年金保険」などがあり、それぞれ加入する目的がちがいます。

編集部年齢が上がると、月々に支払う保険料も高くなるんですよね。

花輪保険料が上がるほか、健康状態によっては契約できなかったり、保障内容が制限されたりすることもあります。たとえば、妊娠がわかってから医療保険に加入したいと思っても、加入できない場合があります。会社によっても異なりますが、「加入できるのは27週まで」など時期が区切られていたり、帝王切開や異常妊娠などは保障の対象外になったりすることも。

編集部そうなんですね……。それでは、今のうちから保険について考えておく必要があるんでしょうか?

花輪貯蓄や公的医療保険でまかなうという選択肢もあるので、必ずしも医療保険に入らなくてはいけないというわけではありません。ただ、るいるいさんのようにまだ若くて、貯蓄も少ないという人は、入院日額5,000円がもらえる程度の最低限の医療保障を用意しておくと安心です。

編集部死亡保険はどのように考えればいいのでしょうか。るいるいさんは現在、1,000万円ぐらいの死亡保険に入っているそうですが、自分が亡くなったときにこれで足りるのかどうか不安だとか。

花輪医療保険は自分のためのお金ですが、死亡保険は遺された家族のためのお金です。るいるいさんの場合、共働きのため、万が一のときは世帯収入が減るため、妻にも死亡保障があったほうがベター。ただ、1,000万円ぐらいあれば足りると思います。気になるのはむしろ、ご主人側の死亡保障ですね。

編集部夫婦別財布のため、ご主人のほうの保障内容は把握できていないそうです。

花輪一般的な死亡保障の目安は、ご主人の年収の約3年分と子どもの教育費です。子どもの学費が1人あたり1,000万円ぐらいかかると考えると、3,500万円ぐらいは用意しておいたほうがいいでしょう。ご主人の年齢にもよりますが、年齢が上がると健康診断でどこかしら引っかかることも多く、保険に入りづらくなります。また、自律神経失調症などメンタル領域での診断が下されると、「治ってから5年経たないと保険に入れない」といったきびしい制限がかかることがあります。

編集部まずはご主人も含めた、一家の保障状況を調べてみる必要がありますね。

花輪そうですね。住宅ローンを組むときに加入しているはずの「団体信用生命保険」(住宅ローン返済中の万一に残債が全額返済となる)も含めて、一度すべてリストアップしてみるといいですね。その上で、どこまでを貯蓄でまかない、どこまでを保険で用意するのか話し合ってみるといいでしょう。

編集部るいるいさんは、年金引き上げに備えて、老後のために貯めておく金額を増やさなくてはいけないのでは……とも不安に感じているそうです。

花輪るいるいさんのように貯蓄が苦手な人の場合、保険を使って強制的に貯蓄するというのも悪い選択肢ではありません。ただ、現状ではまず、子どもの教育資金をしっかり貯めるのが先決です。老後の資金については子育てがひと段落する50代以降から貯めはじめても遅くありません。住宅ローンや教育費を除いた分を貯めていけば、1年で200万円、10年で2,000万円近くの貯金は用意できると思いますよ。

出典:マイナビウーマン

保険のご相談は「さいたま新都心パーソナルプラザ」へ

このページの先頭へ