結婚後も“夫婦別財布”で大丈夫?夫婦のお金の管理について

今回の相談者は「結婚後の家計のやりくりがわからない」という、こけこさん(仮名・32歳)。結婚してからも共働きで、財布も別々。お互いのお金の使い方には干渉しないという生活を送ってきたとか。独身時代と変わらず、自由にお金を使える恩恵を楽しみつつも、将来のことを考えると「このままでいいのだろうか……」と不安にも感じているそう。(取材・文/島影真奈美)

子どもが生まれるまでには、夫婦の財布をひとつにしたほうがいいような気がしつつ、夫に言い出せずにいます。結婚したときは2人できちんとお金の話をしていました。彼は車のローンや奨学金の返済についてもわかりやすく説明してくれたのですが……。結婚直後、あえてお互いに干渉し合わない時期があったせいか、夫とお金の話ができなくなってしまいました。このままではまずいという気持ちと、すべてをつまびらかにするのも怖いという気持ちがせめぎ合っています。(こけこ/ホテル・旅行・アミューズメント/クリエイティブ職)

【こけこさんprofile】会社員の夫(37歳)と2人暮らし。こけこさんの場合、手取り年収240万円、手取り月収17万円。家計の負担は4万5,000円のみ。家計は夫が管理しているため、光熱費や日用品代など家計の細かい内訳、夫の交際費や保険料などは把握していない。結婚前は実家暮らしだったせいか、お金にうとく、定期預金で貯めた金額が通帳のどこを見れば確認できるのかもわからないほど。夫とは結婚前にはお金の話をしたものの、その後うやむやに。現在の貯蓄額は約250万円。そのほか、職を失ったときや離婚したときの“保険”として夫には内緒にしている貯蓄が170万円ほどある。

結婚後、夫婦の財布を別々に管理するのか、それとも一緒にするのかという悩み

編集部今回の相談者のこけこさんもそうですが、「結婚後、夫婦の財布を別々に管理するのか、それとも一緒にするのか」という悩みをよく耳にするようになりました。

花輪陽子(以下、花輪)最近は「結婚しても、財布は別々」というカップルが増えています。家計負担を、たとえば「家賃は夫、食費や生活用品は自分」のように“なんとなく”で分担していると、ケンカしてしまったときなどの不公平感につながるので、きちんと話し合ったほうがいいですね。

編集部結婚後の家計管理としては、お財布を一緒にするのと別々にするのとでは、どちらがいいのでしょうか。

花輪夫婦のお金の管理スタイルはさまざまなので、一概にどの方法がいいとは言いきれないところがあります。ただ、お互いのお金の流れはオープンにしておくのが鉄則です。

編集部花輪さんご夫妻は、どんなふうに家計を管理しているんですか?

花輪夫婦の共通口座を作り、住居費や光熱費、食費などの支出は一箇所にまとめています。毎月、お互いの収入の中から決まった額を共通口座に入金。残りの月収からそれぞれが貯蓄をし、お小遣いにするという感じです。お互いの収入や支出の中身、資産の中身(株や債券)もオープンにしているので、夫の気になる支出について「これは何に使ったの?」と質問することもあれば、逆に「ちょっと使いすぎじゃない?」と注意されることもあります(笑)。日常会話のなかに、「お金にまつわる話題」が含まれているんです。

編集部なるほど〜。ちなみに、お互いの収支についてはどうやって情報共有しているんですか?

お互いの収支の情報共有ができる、正しい管理法とは

花輪うちはネット家計簿などいろいろなツールを使っています。「OCN家計簿」のように、クレジットカードや銀行口座、電子マネーなどの口座情報を取り込んでくれるサービスを使うと、家計管理そのものもラクになりますし、夫婦で情報共有しやすくなるので一石二鳥です。家計簿をつけて見せ合うのでもいいと思いますよ。

編集部こけこさん自身は、家計管理にはほぼノータッチ。月々4万5,000円を負担しているけれど、家計の細かい内訳は把握していないそうです。

花輪最近はご主人のほうが家計を握り、奥さんには必要額だけお小遣いを渡す、という夫婦も増えていますが、ここまで「ご主人にお任せ」というケースは珍しいですね。

編集部結婚前はご主人のほうから積極的にお金の話をしてくれていて、初めて泊まりに行ったときに、源泉徴収票を見せてくれたほどだったとか。でも、結婚直後からお互い干渉しない生活を送ろうとしていた時期があり、そのあたりからお金の話はうやむやになってしまったそうです。

夫婦でお金についてちゃんと話し合うことが大事

花輪お金について話し合うタイミングを逃してしまうと、次のチャンスを掴むのに苦労するんですよね……。

編集部花輪さんの場合は、夫婦でお金について話し合うようになったのは、どんなことがきっかけだったんですか?

花輪うちの場合は夫婦そろって失業してしまうという人生の一大事があり、話し合わざるを得なかったんです(笑)。でも、こうしたピンチのときこそ、お金のことをしっかり話し合うチャンスでもあります。

編集部こけこさんも、いざというときのために、夫には内緒の貯蓄を確保するなど、“夫婦の危機”を感じているようですが……。

花輪今の状態で離婚してしまうと、生活費のやりくりがほぼ未経験なだけに、生活はかなり厳しくなると考えたほうがいいですね。離婚に備えて貯蓄するよりも、夫婦仲の改善にお金と時間を注ぐことをオススメします。「自分は自分、相手は相手」という状態を脱し、「夫婦一丸となって、家庭を運営しなきゃ!」といったスタンスがとれれば、少しずつ関係も変わってくると思いますよ。

夫婦仲と家計問題は表裏一体。うまくいかないと、“バツイチ貧困女子”に陥る危険も…!?

今や現役世代のシングル女性の3人に1人が貧困状態(手取り年収が112万円未満)と、生活保護を受けている人よりも家計が厳しい(東京23区の場合は「手取り−家賃=8万5000円未満」)“貧困女子”に該当するそう。離婚をきっかけに生活レベルがガクッと下がってしまった“バツイチ貧困女子”もあとを絶ちません。夫婦で協力すれば、豊かな生活ができる環境にあるのであれば活かさない手はありません。まずは、お互いの生活に無関心な“同居人”状態を脱出するのが先決。へそくりを多少減らしてでも、夫と旅行に行ったり、外食を楽しんだりするなど、夫婦2人の時間を大切にしてみてはいかがでしょうか。

(花輪陽子)

出典:マイナビウーマン

ライフプランのご相談は「さいたま新都心パーソナルプラザ」へ

ライフプランセミナーのご案内はこちら

このページの先頭へ