老後資金のやりくりを応援 注目のリバースモーゲージ

収入が先細るシニアライフは、お金のやりくりが大変です。そんななか、自宅を担保に老後資金を借りることができるシニア向け≠フローンが注目を集めています。

生存中は返済不要

生活レベルによっても異なりますが、老後生活には結構なお金がかかります。現役時代の蓄えや退職金が潤沢にある人ならともかく、年金収入が頼りという人は、老後の資金手当てに不安が残るでしょう。そんな高齢期のお金のやりくりを応援してくれる商品として最近話題なのが、「リバースモーゲージ」です。

このリバースモーゲージは、自宅(主に土地)を担保として金融機関に差し入れ、金融機関が定めた範囲内でお金を借りることができるローンのことです。一般には60歳以上のシニアを対象とし、使い道を問わずいつでも自由に利用することができます。ここ数年、大手行から信用金庫まで30ほどの金融機関が相次いで取り扱いを始めており、シニアの間でも認知度が急速に高まっています。

ではなぜ、ここまで注目されているのでしょうか? 秘密は、ズバリその返済方法≠ノあります。実はリバースモーゲージの場合、利用者の生存中は借金を返す必要がなく、本人が亡くなった後に、自宅を売却して返済するしくみになっています。そのため利用者は、自宅に住み続けながら必要な資金を確保し、それを老後生活にまるまる役立てることができるのです。

多くの金融機関では、高い物件価値が見込める都市部の自宅を主対象としており、まとまったお金を工面することが可能です。そのためお金の使い道も、生活費の補てんから、老人ホームの入居一時金など、活用の幅が広がっています。また個別の商品でも、一般には認められていないマンションを対象とするところや、専用カードで気軽に引き出せるタイプなど、使い勝手を向上させたローンも続々と登場しています。

保険金や現金での返済もOK

そんなシニアに心強いリバースモーゲージですが、一体いくらまで借りられるのかが気になるかと思います。ここでカギになるのが自宅の担保評価です。図表でいくとAの部分ですが、主には自宅の土地の路線価をベースに利用可能額が決まります。金融機関では、返済リスクを見込んで「路線価の50%」程度に設定しているところが多く、路線価の評価額が5000万円なら、利用可能額は2500万円前後になります。

ただこの利用可能額は、あくまで契約当初の金額であって、この先ずっと同じ金額で借りられるわけではありません。というのも、路線価は市況によって変動するため、利用可能額もそれに応じて見直されるからです。金融機関では、毎年7月に公表される路線価をもとに、年1回、利用可能額を確認し、前年よりも路線価が下落していれば、利用可能額も減額します。ではもし、その時点で利用可能額を超える借金をしていたら? この場合は、担保割れの状態ですので、超過分をすみやかに返済しなければなりません。

商品の性格上、普段は借りている≠ニいう意識が薄れがちですし、長生きするほど借入金額が膨らむ可能性も高まります。便利な分、より計画的な利用が肝心です。また、基本的には自宅の処分が前提となっているため、相続問題とも密接に関わってきます。とくに、死後にのこされる家族の住まいに対する意向を含め、ご家庭でよく話し合っておきたいところです。

ただここで覚えていただきたいのは、借金返済のために必ずしも自宅を売却する必要がないという点です。借金が少額なら、のこされた家族が現金で返済することができるでしょうし、自分にかけている生命保険の死亡保険金を返済に役立ててもらうこともできます。そうすれば、自宅を手放さずに家族がそのまま住み続けることができます。そんな方法も視野に入れた有効活用を考えてみてください。

(記事提供:ニッキンマネー2015年8月号 トピック)

「むさしのリバースモーゲージ」はこちら

このページの先頭へ