おこづかいのあげ方と対策

プロフィール

鈴木 さや子(すずき さやこ)

mamaTanoマネーサロン代表

慶應大卒業後、国内損保に勤務。顧客の保険や老後のライフプラン相談に応じる。退職後、幸せな人生のためにはお金の知識が不可欠と気付きCFP®資格を取得。
現在は、コラム執筆、セミナー講師などを中心に、主に女性からのマネー相談で活躍。また金融教育にも力を入れている。2児の母。オールアバウト学費・教育費ガイド。

あげ方の3つのルール

「おこづかいは、定期的にあげるのとお手伝いをしたらあげるのと、どっちがいいのでしょう?」という質問をよくいただきます。これは「つくねはタレと塩と、どちらがいいですか?」と同じくらい答えづらい内容です。なぜなら、おこづかいのあげ方に正解はないから。つくねを美味しく食べることができれば問題がないと同じで、「おこづかいを通じて教えたいことが、最終的にきちんと子どもに伝われば、どんな方法でもいいんですよ」とお答えしています。

子どもにぜひ学んでもらいたいのは、お金には上限がある、限りあるお金の中から必要なモノを手に入れなければいけない、欲しいモノを買う時はよく考えてお金を使う、お金は働いて得る、といった内容です。

これらのことを教えるために守りたい「おこづかいのあげ方ルール」が、①働かない(お手伝いをしない)場合はあげない ②足りなくなったからといって安易に追加であげない ③どんなことに使っているか親子で情報を共有する、の3つです。

なにより大切なのは、あげっぱなしにしないこと。おこづかいを管理できているか、どんなことに使っているか、しっかり見守りましょう。そして前月号でも書きましたが、失敗も大事な経験です。足りなくなってもグッと我慢して、次のおこづかい日までどうすればいいかを、子ども自身に考えさせることが何より大切です。

デメリットを理解する

おこづかいのあげ方は、実に色いろ。どの方法が子どもに向いているかは、始めてみないとわかりません。というのも、実は、どのあげ方にも少なからずデメリットが存在するからなんです。

たとえば、月額○○円など同じ金額を決まった日にあげる「定額制」の場合、子どもの性格によっては、全くお手伝いをしなくなったり、初日に全てを使ってしまったりする場合があります。また、お手伝いをしたらあげる「報酬制」の場合、金額の高いお手伝いはするけれど、安いお手伝いはしたがらないケースがあります。

最近は、お年玉をおこづかいに充てている家庭も少なくありません。この場合は、大きな金額が手元にあるので、高額な商品をよく考えずに買ってしまう危険や、大金を持ち歩きトラブルに巻き込まれる可能性が考えられます。

それぞれのデメリットを理解し、その対策を考えることが重要です。

楽しく使えるために

ではその対策を考えてみましょう。まず「定額制」ですが、おこづかいをあげる時に、その月のお手伝いは何をするか宣言させる、もらうとすぐに使ってしまいがちな子どもには、月4回に分けてあたえる方法などが有効です。

また「報酬制」では、どのお手伝いも金額を一律にする、おこづかいがもらえないお手伝いでも積極的にやることを条件にする、といった対応が考えられます。

「お年玉制」の場合、子どもに必要な金額をわけて、残りは子ども口座を作り貯金させる、必要な金額は12で割り、それを毎月あげるといった方法もあります。さらに、その月のお手伝いはどんなことをするか宣言させれば、より効果的でしょう。

こうした対策をひと通り試してみても、子どもがデメリットをどうしても克服できないようであれば、あげ方を変えてみるのもひとつの方法です。

おこづかいを上手に管理しながら、自分のために楽しく使えるようになったら、子どものおこづかい教育の第一段階は、成功といえるでしょう。

(記事提供:ニッキンマネー2014年3月号 子どもに学ばせたいマネーのしきたり)

このページの先頭へ