もう、迷わない!保険の見直し

STEP1 見直しのタイミングはいつ?

一生涯の付き合い、だけど…

最近、「保険の見直し」が注目を集めています。簡単に言うと、現在加入中の保険を、その人、その家族にピッタリの保障に組み替えることです。テレビCMでもおなじみですから、もうみなさんご存じですね。

考えてみれば、私たちにとって保険は一生涯付き合う身近な存在です。生命保険文化センターの調査によれば、生命保険の加入率は男女ともほぼ8割。世帯あたりで見ると、その割合は9割にのぼります。それに、毎月支払う保険料も結構な金額です。1世帯あたりの年間払込保険料(個人年金保険を含む)は、平均で41.6万円。これらの数字を見ても、保険の浸透ぶりがうかがえます。

では、せっかく手に入れた大切な保険、加入後の関心はどうでしょう?普段、利用する機会が少ないせいか、何となく保険料を払い続けているという人も多いようです。でも考えてみてください。その保険が、いつの間にか、自分や家族の〝もしも〟をカバーできない内容になっているとしたら―。

結婚、子どもの誕生、マイホームの購入…、長い人生には、こうした様ざまな節目がありますが、その節目ごとに万一への備えは変わります。保険の見直しは、その時々の〝もしも〟にあわせて、適正な保障をつけることです(左ページの囲み)。

子どもを例に考えてみましょう。子どもにかかわる節目には、「誕生」と「独立後」の2つがあります。まず、誕生から独立までは、万一の際の生活保障や教育資金の備えとして、死亡保障を大きく上積みする必要があります。ところが独立後は、こうした負担から解放されるので、それまでの高額な保障が不要になるわけです。

こうした節目にあわせて保険の見直しを行っておけば、子どもの成長途中に、万一のことがあっても、のこされた家族の金銭的な不安は和らぐでしょうし、子どもの独立後にむだな保険料を支払うこともありません。保険は加入したら、それで終わりではありません。定期的に見直してこそ、その力を発揮してくれます。

全ての保険を洗い出そう

ではいよいよ保険の見直しスタートです。最初のステップは、手持ちの保険の数と種類の確認です。自分が加入している保険だけでなく、家族が契約している分も全て洗い出しましょう。とくに、勤め先の会社が福利厚生目的で加入しているケースもありますから、会社の制度とあわせてチェックしておくことも忘れずに。

加入中の保険をひと通り把握したら、保険証券で具体的な保障内容を見ていきます。ポイントは、全ての保険の保障内容を「一覧表」にまとめてみること。目的別(「死亡」「病気・けが」「老後」など)の保障内容の比較や合算が簡単になりますし、保障の重複も発見しやすくなります。ここでは主に、死亡・入院別の保険金総額や、支払い保険料の月額合計を算出してみましょう。各保険の保険期間は、一覧表とは別に図表化するとよいかもしれません。

保険証券だけでは、難しい保険用語や特約の内容がわからない場合もあるので、その際は、契約時にもらった「契約のしおり」や「設計書」を参考にしましょう。わかりやすく解説されているので、理解が深まります。

STEP2 必要な保障額はいくら?

将来のお金の収支を知る

家族全体の保険内容が把握できれば、第一ステップはクリアです。でも、本題はここから。保険証券をいくら細かくチェックしても、その保障が家族にとって本当に必要な内容なのかまでは、なかなか判断することはできません。

そこで次のステップが、必要保障額の確認です。万一のとき、のこされた家族にどれくらいのお金が必要なのか、また将来、どれくらいの収入が見込めるのかをシミュレーションし、その差額を保険などで補う考え方です。試算と聞くと、億劫に感じる人がいるかもしれませんが、千円単位の細かい金額まではじき出す必要はありませんし、自分で試算するのが煩わしければ、保険会社のホームページでも確認することができます。まずは、気軽な気持ちで取り組んでみてください。

一番大きいのは生活費

ここでは一例として、子どもを持つ一家の大黒柱が亡くなった場合の死亡保障について見ていきます(左ページの図表)。まずは、夫が亡くなった後から発生する「支出」のシミュレーションからです。食費や光熱費など、生活していく上では欠かせない生活費、子どもの教育費や結婚費用など、将来発生すると見込まれる金額の大きな費用を中心に確認します。

今後の生活費は夫がいない分、従来よりも減る前提で考えます。図表の通り、子ども(末子)が独立するまでは、現在の生活費に0.7を掛けた金額、独立後は0.5を乗じた金額にするのが一般的です。これに、末子が独立するまでの月数や、妻の平均余命までの月数を掛け合わせて、おおよその生活費を計算します。

また、子どもの教育費も無視できない出費ですから、しっかり見積もっておきましょう。進路によって金額はだいぶ異なりますが、将来の方針が固まっていない段階なら、高めの金額で見積もっておくほうが無難です。結婚費用や葬儀費用も家庭の考え方やお住まいの地域によって差があるので、判断が難しいところですが、はっきりとした希望がなければ「平均額」でも構いません。

公的年金は大きな収入源

支出を洗い出したら、次は「収入」です。ここでの大きなポイントは公的年金で、夫の死亡に伴いのこされた家族には遺族年金が支給されます。計算は少し面倒ですが、サラリーマンの場合なら、夫のねんきん定期便に記載されている「加入実績に応じた老齢厚生年金」をもとに、ざっくりした受取見込み額を試算することができます。夫が自営業者でしたら、妻が受け取るのは遺族基礎年金だけになるので、受取見込み額はぐっと減ります。

ちなみに、医療保障や介護保障を試算する場合も、公的保障制度の理解は欠かせません。大部分は、健康保険や介護保険で賄うことができますから、保険がきかない全額自己負担部分の治療(介護)をどこまでカバーするか、この考え方次第で必要保障額が変わります。

将来の支出と収入の見込み額がわかったら、それを比較してみましょう。支出のほうが多ければ現状の保障は不足状態ですし、収入のほうが多ければ保険料を節約できるチャンスです。過不足部分の保障内容を精査して、それに見合う保障を検討してください。

STEP3 さあ、商品の見直し

解約、新規加入する前に

保障額の過不足を確認したら、さっそく保険の見直しに取りかかりましょう。見直しと聞くと、今の保険を単純に解約して新たな保険に加入したり、現状の保険を下取りに回して保険を組み直す「転換」のイメージが強いかもしれませんが、現状の保険を続けながら見直す方法もあります。

たとえば、死亡保険金を上積みしたり、病気やけがの保障を充実させる方法の1つに、今の保険に特約を追加する「中途付加」があります。その際は、改めて健康告知や審査が必要になりますが、別の保険に新規で加入するよりも保険料は一般に安く済みます。逆に、今の保障をスリムにしたいのであれば、主契約や特約の保障額を減らす手があります。

ただ主契約を減額した場合、特約の保険金や給付金が減ることもあるので気を付けておきましょう。

このほか、特約部分だけを解約する方法もあり、その分だけ保障額を減らすことができます。新たな保険を探すよりも手間がかかりませんし、手続きも比較的スムーズにいきます。

目的の保障だけ比べてみる

ただ、保障を大幅に見直す場合には、他の保険会社を含めた保険商品の比較検討が必要になるかもしれません。でもここで厄介なのは、どの保険が自分に適しているのか、判断することが非常に難しい点です。保険会社が違えば、保障内容は変わりますし、それに伴い保険料も変わります。

ではどうしたら?そこで1つ、お勧めしたいのが、自分が付けたい、あるいは減らしたい目的の保障だけを比較してみる方法です。たとえば医療保障でしたら、「入院給付金○円、手術給付金○円」などと自分のほしい条件のみを設定し、この条件にあう保険だけを集めて保険料を比べてみるわけです。この場合、細かな保障は目をつぶることになりますが、目的に合った保障はちゃんと備えることができます。

ただ、それでも商品選びは難しいという人は、何も自力にこだわる必要はありません。金融機関の窓口や街中の保険ショップでは相談に乗ってくれますし、FPなどの中立なアドバイスを聞くのも有効な手です(22ページの「トピック」も見てね!)。

保険との付き合いは、これからもずっと続きます。福島さんの意見も参考に、自分にピッタリの保障を考えてみてください。

FP 福島えみ子さんに聞く

ふくしま・えみこ

エフピーウーマン所属FP、CFP®

銀行での資産運用相談業務などを経験後、相続・金融分野を主に扱う法律事務所に勤務。お金を通じて人生を豊かにするお手伝いがしたいとFP資格を取得。変化の多い女性の将来の夢を叶えつつ、守りの部分も忘れないフレキシブルなプランで応援する個人相談を展開中。講演活動やセミナーも多数。

保険の見直しはこう考えよう

保険は一見、複雑でわかりづらいしくみのせいか、現在の保障内容に不安を感じていても、見直しをためらう人が少なくありません。でも私たちが必要とする保障は、家計や家族の状況、時間とともに変化しますから、見直しせずに放っておけば、万一の備えとして役に立たなくなる場合もありえます。後で後悔しないよう、できるだけ早く見直しに着手することが大切です。個人的には、保障内容を再認識する意味も含め、2年に1度は定期的に見直すことをお勧めします。
ご自身で見直しを行う場合は、保障内容を把握したり、生活設計に基づいて必要保障額を試算したりと、手間のかかる作業になることも少なくありません。でも、これまで何となく保険料を払い続けてきた人にとっては、漠然としか理解していなかった保障内容をしっかり理解しておくだけでも大きなメリットがあると思います。ただ保険のしくみになじみのない方が全てを自分で見直そうとすると、大きな見落としがあったり、適切でない保険商品を選んでしまったりするおそれもあります。わからないことはうやむやにせず、保険会社のコールセンターや専門家に聞くなどして、慎重に検討してみましょう。

福島さん直伝! これだけは気を付けて!自力で行う見直し5か条
①現状の保障内容の把握が肝心
見直しの大前提。とくに、名前が複雑で保障内容もわかりづらい特約に注意
②見直しは家族全員で行おう
加入目的や保障額は、家族の意見をすり合わせておきたい。のちのトラブル防止につながる
③保障の削りすぎに注意
保険料の節約も大切。でも、いざというときの備えという保険本来の目的も忘れずに
④告知漏れに注意
とくに、インターネット保険では起きやすい。告知義務違反にならないよう、正確に告知しよう
⑤保険証券の氏名変更、住所変更も忘れずに
とくに保険金受取人の変更は大切。手続きを怠ると、保険金の受け取りに時間がかかることも
【番外編】こんな保険も要チェック!
定期保険特約付き終身保険
定期保険特約部分の大型保障が終身続くという誤解や定期保険部分が掛け捨てであることを把握していないケースが多い
古い医療保険とがん保険
保障内容が、現代の医療制度や実態に即していない保険も
(記事提供:ニッキンマネー2014年2月号 特集U)

ほけんプラザ・さいたま新都心OPENしました!

保険の窓口@武蔵野銀行

このページの先頭へ