戻る 住宅ローン最小限で家を買いたい。15年ローンはアリ!?

今回の相談者は将来に備えてマンション購入を検討中だという、あこさん(仮名・30歳)。結婚半年ですが、共働きで夫婦どちらかの給料は全額貯金しているとか。マイホーム取得の夢をかなえるために知っておきたい基礎知識や失敗しないための秘訣をFP花輪陽子さんに聞きました。(取材・文/島影真奈美)

【あこさんprofile】夫と2人暮らし。手取り年収500万円、手取り月収28万円。夫の収入も同程度。ほぼ毎日2~3時間の残業があり、残業後はそのまま帰宅して夕飯をつくったり、夫と2人で外食したりすることも。夫婦ともにアクティブなタイプで、土日どちらかは2人で出かけ、ドライブや散歩、買い物、映画を楽しんだあと、百貨店などでちょっと贅沢な食材を購入し、夕飯は家で食べることが多いそう。子どもが生まれても仕事は続けたいが、今のように“残業が当たり前”というスタイルは難しいのでは、という不安もある。

住宅ローンを最小限にしたい!

共働きで子どもはまだいませんが、35歳になるまでに2人ほしいと考えています。夫は転勤の可能性があり、私も仕事を続けたいため、おそらく単身赴任してもらうことになると思います。そのため、もし転勤になっても帰省しやすいよう、都内の駅近物件を購入したいと考えています。「郊外で一戸建てより、都会のマンション」という意見は夫婦で一致しています。とはいえ、今はまだマンションの相場もわからず、漠然としたイメージで捉えているだけなんですが、20~30年といった長期間のローンを組むのはもったいないような気がしています。現在、貯蓄が夫婦で2,000万円以上ありますが、頭金をできるだけたくさん貯めて、長くても15年くらいで返済したいです。(あこ/電力・ガス・石油/専門職/30歳)

編集部今回の相談者、あこさんは結婚して半年という共働きカップルです。偶数月はご主人がすべての生活費を支払い、あこさんの給料は全額貯め、奇数月は逆にあこさんが生活費を全部負担し……といったようにルールを決め、順調に貯蓄しているとか。

花輪ユニークなやり方ですよね。マイホーム資金を貯めはじめると、貯蓄にばかり意識が向いてしまう人が多い中で、あこさん夫婦は2人の時間も楽しんでいて、バランスもとれています。

編集部ご主人が将来、単身赴任する可能性があり、帰省しやすいよう、都内の駅近物件がほしいそうです。頭金を2,000万円ぐらい貯め、5,000~6,000万円の物件を買いたいという希望もあるとか。

花輪もし、頭金2,000万円で4,000万円のローンを組むと、金利1.5%で35年返済だとしても、住宅ローンの返済額は月々約12万円。さらに、管理費や修繕積立金が2万円以上かかります。

編集部月々の住居費が大きくはねあがる計算になりますね。

花輪そうなんです。今は社宅住まいで住居費が2万1,000円と貯蓄しやすい環境なんですが、住居費が増えるとこれまでのようには貯蓄できなくなるかも。子どもの教育費やいざというときの備えを考えると、向こう2年ぶんくらいの生活費は現金で残しておくのがベター。貯蓄が2,000万円あるなら1,000~1,500万円を頭金にするなど、一部は貯蓄として残しておくのがオススメです。

編集部ただ、「20~30年もの長期ローンを組むのはもったいない」と感じていて、できれば、15年ぐらいでローンを完済したいという希望もあるそうですが、「15年ローン」は選択肢としてアリでしょうか?

花輪借入期間が短くなると月々の返済額の負担も増えますし、住宅ローンでは無理のない返済計画をたてるのが先決です。とくにDINKSカップルの場合、子どもが生まれると生活環境が大きく変わる可能性があります。出産後も仕事を続けるつもりでいたけれど、やむをえず、キャリアダウンしたり、仕事をやめたり……といったことも。

編集部たとえば、あこさん夫婦の場合、現在希望している物件を買った場合、何があろうと奥さんが働かざるを得なくなるということでしょうか。

花輪そうですね。ダンナさんの手取り年収が500万円とのことですので、ダンナさんひとりの収入で住宅ローンから生活費まで負担するのはかなりきついと思います。なので、早く返してしまいたいという場合も、35年ローンで月々の返済額をできるだけ少なくし、繰り上げ返済を活用するのがオススメです。また、物件の価格帯も3,000万円台までに抑えたほうがいいですね。

編集部月々の返済額を考える上での目安があれば、教えてください。

花輪ダンナさんひとりの稼ぎでも払っていける金額というのが、ひとつの目安になると思います。あこさん夫婦の場合でしたら、月々約10万円前後であれば、ひとりの収入でも何とか払えるし、共働きであれば繰り上げ返済をすれば、返済期間を短縮できます。ローンの返済が遅れると、金利の優遇が外れてしまうことも。ゆとりを持った返済計画を立てることが大切です。

編集部購入を検討するタイミングについてはどうでしょうか。

花輪頭金がしっかり貯まっているという意味では、あこさん夫婦は問題ないのですが、「35歳までに子どもが2人ほしい」と具体的な希望があることを考えると、できれば“子どもの人数の見通しが立ったあと”に買うほうがベターです。

編集部「最初の妊娠をきっかけにマンションを購入した」という話をよく聞きますが、“子どもが生まれたあと”のほうがいい……?

花輪「子どもは授かりもの」というように、ふたを開けてみると、双子が生まれたり、結果的にひとりっ子になったりと、あらかじめ人数の予測がしにくいもの。子どもの人数の見通しが立ったあとであれば、必要な部屋の数や収納スペースの量なども算出しやすくなります。広すぎたり、逆に狭すぎたり……といったことも起こりづらいので、結果的にコストパフォーマンスの高い家選びができるんです。

編集部確かに、子どもが生まれると住宅環境に求める条件も変わりそうですね。

花輪今は大人だけの生活なので、都会のマンションが魅力的に感じるけれど、子どもが生まれたら、もしかしたら「同じマンションでも郊外がいい」と思うことがあるかもしれません。また、生活スタイルが変わると「和室があったほうがよかった」など、間取りに対する希望も変わります。

頭金は物件価格の約2割を確保!

あこさんの家計簿

人生のなかで最も大きな買い物だと言われるマイホーム。子どもの教育資金や老後の資金が準備できなくなるといった事態に陥らないためにも、無理のない資金計画をたてる必要があります。頭金なしで購入できる物件もありますが、金利や返済額を考えると、分譲価格のうち2割は自己資金からまかない、残りの8割を住宅ローンで返済するのが安全。また、月々の返済額は手取り月収の20~25%が目安。ローン以外にも固定資産税・管理費・修繕費の支払いもあり、こうした住居費全体で手取り月収の30%以内を目指すのがポイントです。(花輪陽子)

出典:マイナビウーマン

住宅ローンについて詳しくはこちらへ

住宅ローン相談会のお申込みはこちらから

このページの先頭へ

商号等:株式会社武蔵野銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第38号
加入協会:日本証券業協会