戻る住宅ローンLGBT特例

3つの安心 子育てサポート!

お取扱内容(LGBT特例)

夫婦でお取扱可能な以下の住宅ローンご契約形態について、「同性パートナー同士」でもお取扱いができます。

ご契約形態 内容
ペアローン 持分を共有する住宅について、お二人それぞれで住宅ローンを契約し、それぞれのご契約に対し、相互に連帯保証人・担保提供者となるお借入れ形態です。
収入合算 一定以上の収入のあるパートナーの収入を主債務者の収入に合算し、住宅ローンの審査を行うことです。収入合算者は主債務者の連帯保証人となっていただきます。
  • 上記いずれの場合も、お二人が同居されることが条件となります。

ご利用条件

同性パートナーの方同士における、以下の契約内容が記載された「公正証書(正本または謄本)」をご提出いただきます。

公正証書の記載内容

合意契約

共同生活を営むに当たり、次の事項が明記されたもの。

  • 二人が愛情と信頼に基づく真摯な関係であること
  • 二人が同居し、共同生活において互いに責任を持って協力し、その共同生活に必要な費用を分担する義務を負うこと

任意後見契約

お二人が相互に相手方を任意後見受任者とする任意後見契約。(相互契約のため、通常2通の公正証書を作成)

  • 任意後見契約とは、本人の判断能力が不十分となったときの自分の生活、療養看護および財産の管理に関する事務について、あらかじめ任意後見受任者に代理権を付与する委任契約
    • →本人の判断能力が不十分となった場合に、任意後見人(任意後見契約の効力が生じた後の「任意後見受任者」の呼称)が契約に基づいて本人の生活を守ることを目的とするもの
  • 全国保証付住宅ローンの場合は、上記の必要書類に加え、任意後見契約に係る「登記事項証明書」をご提出いただきます。
  • 詳しくは、武蔵野銀行の各支店または住宅ローンセンターまでお問い合わせください。

武蔵野銀行は、SDGs宣言に掲げる「全ての人々が自分らしく、健康で幸福に生活できる社会」の形成を目指し、積極的に取組んでまいります。

お問い合わせ

店舗・窓口

  • 当行で住宅ローンをご利用いただいているお客さまは直接お取引店にお問い合わせください。
店舗検索
  • 住宅ローンセンターは土曜日も営業しております。
  • 大宮住宅ローンセンター・武蔵浦和住宅ローンセンターは日曜日・祝日も営業しております。
住宅ローンセンター 問い合わせ一覧

インターネット

ご相談申込フォーム