武蔵野銀行

金融機関コード:0133

住宅ローンに関するご質問

Q.01
住宅ローンを利用するための条件はありますか?
A.
  • (1)満20歳以上満65歳6ヵ月以下で、最終ご返済時満81歳を超えない方
  • (2)安定継続した収入のある方
  • (3)団体信用生命保険に加入できる方
  • (4)保証会社の保証が受けられる方
  • ※ お申込みに際しては当行および保証会社による審査をさせていだたきます。
Q.02
どのくらいの期間借りることができますか?
A.
35年以内(1年単位)です。ただし、お借換の場合は、既往お借入金の残存期間内となります。
Q.03
いくらまで借りることができますか?
A.
1億円以内(10万円単位)です。
Q.04
「変動金利型」とは何ですか?
A.
「変動金利型」の金利は、住宅ローン基準金利を基準に連動して決められます。お借入後の金利の見直しは、毎年4月1日と10月1日の年2回で行われ、新しい金利はそれぞれ翌々月の約定金利分から適用されます。
<返済額の変更ルール>
約 5年間は毎回の返済額(元金および利息の合計)は変更されませんが、金利の変動により元金と利息の内訳が変化いたします。そのため、金利が上昇すると返済額に占める利息の割合が増加いたします。したがって、さらに金利が上昇すると利息が返済額を上回ることになるため、返済をしても元金が減らずに、返済額を超えた利息分を後に繰り延べて支払うことになります。また、約5年毎の見直しで返済額が増加しても、返済額の上限は変更前の毎回返済額の1.25倍までと決まっておりますので、金利が大幅に上昇すると毎月の返済額よりも支払うべき利息額の方が多くなり、未払い利息が発生する可能性があります。
Q.05
「固定金利選択型」とは何ですか?
A.
一定期間固定金利とする特約(固定金利特約)を結ぶことにより、特約に定めた期間の金利を固定し、お客さまのプランにあわせて2年間、3年間、5年間、 10年間からお選びすることができます。固定金利特約期間中は金利の変更はできません。特約期間終了後は、その時点の金利で改めて固定金利(2年、3年、 5年、10年)または変動金利をお選びいただきます。固定金利特約期間中の毎月のご返済額は変わりません。
<返済額の変更ルール>
固定金利特約期間終了時には、適用金利の変更により返済額が変更となる場合があります。その際は返済額の変動幅に上限設定(変動金利のような1.25倍制限)はありません。このため、固定金利特約期間終了後は、金利変動により毎回の返済額が大幅に増加することもあります。
Q.06
「ローン返済支援保険」とは何ですか?
A.
30日を超える病気やケガによる入院(医師の指示による自宅療養を含みます。)の場合に、保険金で住宅ローンの返済をサポートします。1回の病気やケガによる入院に対して、最長3年間保険金をお支払いします。既に住宅ローンを利用されている方もご利用いただけます。ご加入いただける方は、保険ご加入の際 70歳以下かつ健康な方で、就業されていない方は、ご加入できません。保険対象期間は76歳に到達した日までとなります。
Q.07
「団体信用生命保険」とは何ですか?
A.
住宅ローンのご利用者が死亡・高度障害といった不側の事態になられた場合に、支払われる保険金によってお借入残高を完済することができる制度です。万一の場合でも、ご家族の方に返済の負担がかかりません。ご加入にあたっては、「団体信用生命保険重要事項に関するご説明」にて、詳細をご確認ください。
Q.08
「ガン保障付住宅ローン」とは何ですか?
A.
ご利用いただける方は、融資時年齢、満20歳以上51歳未満で最終ご返済時の年齢が満81歳を越えない方となります。死亡・高度障害時に加え、「ガン」と診断された場合、住宅ローンの残高相当額の保険金が支払われ、住宅ローン残高が0円になります。
万一の場合でも、ご家族の方にご返済のご負担がかかりません。
詳しい保障内容や、保険金・診断給付金によるご返済が受けられない場合(免責事項)等については、「被保険者のしおり」に掲載の「契約概要」「注意喚起情報」をご参照ください。
Q.09
「8つの疾病保障付住宅ローン」とは何ですか?
A.
ご利用いただける方は、融資時年齢、満20歳以上51歳未満で最終ご返済時の年齢が満81歳を越えない方となります。死亡・高度障害時に加え、「ガン」と診断された場合や「脳卒中」「急性心筋梗塞」「5つの重度慢性疾患(「高血圧症」「糖尿病」「慢性腎不全」「肝硬変」「慢性膵炎」)」と診断され、所定の支払事由に該当した場合、住宅ローンの残高相当額の保険金が支払われ、住宅ローン残高が0円になります。
万一の場合でも、ご家族の方にご返済のご負担がかかりません。
詳しい保障内容や、保険金・診断給付金によるご返済が受けられない場合(免責事項)等については、「被保険者のしおり」に掲載の「契約概要」「注意喚起情報」をご参照ください。
Q.10
「ワイド団信付住宅ローン」とは何ですか?
A.
ご利用いただける方は、融資時年齢、満20歳以上51歳未満で最終ご返済時の年齢が満81歳を越えない方となります。健康上の理由で従来の団体信用生命保険に加入できず、住宅ローンを利用できなかったお客さまを対象に、一定範囲内で団体信用生命保険へ加入いただける住宅ローンです。ローン返済期間中に死亡または所定の高度障害状態に該当した場合、住宅ローン残高相当額の保険金が支払われ、住宅ローン残高が0円になります。
万一の場合でも、ご家族の方にご返済のご負担がかかりません。
詳しい保証内容や、保険金・診断給付金によるご返済が受けられない場合(免責事項)等については、「被保険者のしおり」に掲載の「契約概要」「注意喚起情報」をご参照ください。
Q.11
「保証料」とは何ですか?
A.
原則、保証会社が当行に対する保証人となりますので、お客さまには保証会社に対して保証料をお支払いいただきます。なお、保証会社の保証制度をご利用にあたり、原則保証人をお立てになる必要はありませんが、次の場合は保証会社に対する連帯保証人が必要となります。
  • (1)所得合算者
  • (2)その他保証会社が必要と認めた場合
100万円あたりの保証料、
  融資期間
5年 10年 15年 20年 25年 30年 35年
保証料 4,579円 8,545円 11,984円 14,834円 17,257円 19,137円 20,614円

※お申込内容により、上記以外の保証料となる場合がございます。

Q.12
返済するにはどのような方法がありますか?
A.
元利均等月賦返済で、毎月一定額(元金および利息の合計)をご返済いただきます。
Q.13
ボーナス返済はできますか?
A.
元利均等月賦返済で、毎月一定額(元金および利息の合計)をご返済していただきますが、ボーナス支給月にあわせて増額返済(例:6月と12月、1月と7月)することも可能です。
Q.14
住宅ローンを利用する際に担保が必要ですか?
A.
保証会社がご融資対象物件(土地・建物)に対して、原則として第一順位の抵当権または根抵当権を設定いたします。担保設定手続きに必要な費用は別途ご負担いただきます。
Q.15
住宅ローンに関連する諸費用にはどのようなものがありますか?
A.
抵当権設定手続きに必要な費用、印紙税、火災保険料、保証料等がかかります。
Q.16
繰上返済する場合に手数料はかかりますか?
A.
<変動金利コース選択期間中の場合>
変動金利コース選択期間中に繰上返済を行う場合には、一部繰上返済、全額繰上返済ともに、1回につき5,400円(消費税等含む)の手数料が必要となります。
<固定金利コース選択期間中の場合>
固定金利コース選択期間中に繰上返済を行なう場合には、一部繰上返済、全額繰上返済ともに繰上返済額に応じて次の手数料が必要となります。
繰上返済額 手数料
500万円以下 32,400円(消費税等含む)
1,000万円以下 43,200円(消費税等含む)
1,000万円超 54,000円(消費税等含む)
Q.17
申込に必要な書類は何ですか?
A.

<ご記入いただく書類>
住宅ローン借入申込書
団体信用生命告知書兼同意書
地銀協債務返済支援保険申込書兼告知書(ローン返済支援保険申込書)※加入希望する方のみ
<ご利用いただく書類>

印鑑証明書(1ヵ月以内発行のもの)
申込人 3通
担保提供者兼連帯保証人 2通
連帯保証人 1通

住民票謄本(1ヵ月以内に発行され、ご家族全員記載のもの)
運転免許証(写し)
住民税課税決定通知書等の公的証明書(直近分)
所得証明書(源泉徴収票)(直近分)
自営業者の方は納税証明書(その1・その2)、確定申告書(3期分)が必要となります。

  住宅新築 建売購入 マンション購入 増改築 借換
売買契約書    
工事請負契約書      
建築確認通知書  
物件説明書
(パンフレット等)
     
不動産登記簿謄本
公図  
実測図  
借入金の償還明細票        
返済口座の預金通帳        
  • ※土地の登記簿謄本は、私道部分を含みます。
  • ※お申込みの内容等により、上記以外の書類を提出していただく場合があります。

インターネットバンキング むさしのダイレクト

  • ご利用案内
  • 体験版
  • キャッシュカードでかんたん残高照会
  • 店舗・ATMのご案内
  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • 日本・世界のマーケット
  • 各種お手続き

このページの先頭へ