武蔵野銀行むさしのダイレクトネット安心スクール
 
トップページ >>お客さまにお願いしたいこと >>金融犯罪にあわないために
お客さまにお願いしたいこと
金融犯罪にあわないために、次の点にご注意ください

「ご利用カード」や「パスワード」の厳重な管理
ご利用カードはキャッシュカードと同様に、パスワードは以下の点に注意して厳重に管理してください。
 ・パスワードは誕生日や電話番号などの推察しやすいもの、単純なものは避けてください。
 ・目につくところにパスワードのメモを残さないようにしてください。
 ・パスワードを記載したファイル(テキスト・ワード・エクセル)をパソコンに保存しないようにしてください。
万一ご利用カードやワンタイムパスワード生成機(トークン)を紛失した場合、パスワードをお忘れになった場合、パスワードを他人に知られてしまった場合は、すみやかにお取引店までご連絡ください。
前のインデックスページへ戻る


パスワードの定期的な変更
セキュリティ確保のため、「ログインパスワード」を定期的に変更してください。また、初回利用時には、必ず「ログインパスワード」を変更してください。
前のインデックスページへ戻る


電子メールアドレスの登録
サービス申込後、「各種変更・申込」メニューから電子メールアドレスを登録してください。お振込・お振替等の受付結果やメールアドレスの変更結果などを連絡させていただきます。

むさしのダイレクト 各種お手続き
前のインデックスページへ戻る


むさしのダイレクトから送信する電子メール
むさしのダイレクトから送信する電子メールの内容は以下のとおりです。

情報種類 概  要
ダイレクトメール 商品・キャンペーン・お得な商品等のご案内
即時取引の完了 即時取引が正常に終了したとき
即時取引の失敗 即時振込の処理が失敗したとき等
即時取引のエラー 即時取引でシステム・回線等のトラブルによりタイムアウトエラーが発生したとき
予約の受付 予約取引の受付が正常に終了したとき
予約取引の完了 指定日に予約取引が正常に終了したとき
予約取引の失敗 指定日に予約取引が残高不足等により失敗したとき
障害発生時の取引結果 取引時に障害等が発生したため、本サービスの取引内容が即時更新されず、後日更新されたとき
払込の完了 取引が正常に終了したとき
払込の失敗 操作中に当該口座に異動があった場合等
払込のエラー システム・回線等のトラブルによりタイムアウトエラーが発生したとき
パスワード変更の完了 パスワード変更が正常に終了したとき
パスワード変更の失敗 パスワード変更が失敗したとき
取引用パスワード入力方式
変更の完了
取引用パスワードの変更(固定→可変)が正常に終了したとき
メールアドレス登録・変更の
完了
メールアドレスの変更が正常に終了したとき
利用口座追加登録の完了 利用口座の追加登録が正常に終了したとき
利用口座追加登録の失敗 利用口座の追加登録が失敗したとき
Web Note切替申込の受付 Web Noteの切替申込を受付したとき
Web Note切替申込の取消 Web Noteの切替申込を取消したとき
Web Note切替手続きの
完了
Web Note切替手続きが完了したとき
Web Note確認書の返送
期限超過
Web Noteの確認書返送期限が超過したとき
Web Note切替申込不可 カード解約等でWeb Noteへの切替が不可能なとき
Web Note切替完了 Web Noteから有通帳口座への切替が完了したとき
入金通知 利用口座として登録されている口座に入金があったとき
振込限度額変更の完了 振込限度額の変更処理が正常に終了したとき
振込限度額変更の失敗 振込限度額の変更処理が失敗したとき

むさしのダイレクトから送信する電子メールアドレスの発信元は以下のとおりです。
不審な電子メールが届いた場合には、安易にリンク先ホームページにアクセスしたり、アクセス先のホームページでパスワード等の重要情報を入力しないようにお願いします。

電子メールアドレスの発信元: 「info@musashinobank.co.jp」
前のインデックスページへ戻る


前回ご利用日時の確認
ログインした際、前回のログイン日時や取引日時が表示されますので、前回利用した日時と一致していることを確認してください。

 

むさしのダイレクト ご利用状況画面
前のインデックスページへ戻る


残高の定期的な確認
口座の取引明細や残高を定期的にご確認いただき、不審な取引が発生していないことをご確認ください。
前のインデックスページへ戻る


アドレスを確認する
ブラウザのアドレスバーに以下のアドレスが表示されていることを確認してください。
武蔵野銀行のホームページ http://www.musashinobank.co.jp/…
http://www2.musashinobank.co.jp/…
むさしのダイレクト ※ https://ib1.musashinobank.co.jp/…
※インターネットバンキングは、日本IBMが運営する共同センターを利用しています。

アドレスの確認画面

前のインデックスページへ戻る


PhishWall(フィッシュウォール)の緑色のシグナルを確認する
PhishWallをご利用いただいてむさしのダイレクトにアクセスすると、ブラウザのツールバーに緑のシグナルを表示して本物であることを簡単に確認いただけます。

PhishWall

PhishWallは株式会社セキュアブレインが無料で提供しています。

前のインデックスページへ戻る


証明書の発行先を確認する
武蔵野銀行のインターネットバンキングは常にSSLで暗号化された通信を行い、ブラウザ画面に「鍵マーク」が表示されます。この鍵マークをダブルクリックすると、発行先の証明書の画面が表示されますので、発行先を確認してください。

(1)鍵マークをダブルクリックしてください。
(Internet Explorer11.0の例)  
むさしのダイレクト IE11版 ログイン画面

(2)発行先が「ib1.musashinobank.co.jp」であることを確認してください。
証明書の情報画面  
 
前のインデックスページへ戻る


不審な電子メールは開かない
「フィッシング」(※1)や「スパイウェア」(※2)などを利用した犯罪が発生していますので、不審な電子メールには十分ご注意ください。
※1 電子メール等に虚偽のリンクを記載して、その金融機関とは関係のない虚偽のウェブサイトにアクセスさせることで、その金融機関になりすまして暗証番号など重要なお客さまの情報を不正に取得しようとする行為。
※2 パソコンなどで入力された個人情報を利用者が気づかないうちに収集して、インターネット経由で送信してしまう不正ソフト。

■ご注意

当行では、電子メールのみで、暗証番号などの重要情報をお尋ねするようなことはいたしておりません。また、「サービス変更事項・重要情報」等は必ずホームページ等に掲載しております。
万一ご不審な点がございましたら、必ず武蔵野銀行のホームページにアクセスし、そのような事実があるかどうかをご確認ください。
また、この種の虚偽のウェブサイトへ暗証番号などの重要情報を入力されたり、電子メールにて回答なさらないようにご注意ください。
前のインデックスページへ戻る


ファイル交換ソフトは利用しない
インターネットバンキングを利用するパソコンでファイル交換ソフト(※)を利用しないでください。ファイル交換ソフトを悪用したウィルスにより、パソコン内の重要な情報が流出する恐れがあります。
なお、すでにファイル交換ソフトを利用されているお客さまは、すみやかにインターネットバンキングのログインパスワードを変更すると同時に当該ソフトを削除するようお願いします。
インターネットを介して不特定多数のコンピュータの間でファイルを共有するソフトのことです。Winny、Share、LimeWire、Win MXなどがあります。
前のインデックスページへ戻る


不特定多数の方が使用するパソコンでは利用しない
インターネットカフェなど不特定多数の方が使用するパソコンでは、パスワードなどお客さまの重要情報が記録に残ってしまう恐れがあります。
安全なお取引のために不特定多数の方が使用するパソコンではご利用にならないでください。
前のインデックスページへ戻る


セキュリティ対策ソフトの導入
セキュリティ対策ソフトをご利用いただくことで、フィッシング(※1)、スパイウェア(※2)、コンピュータウィルスなどの被害を防止することができます。
※1 電子メール等に虚偽のリンクを記載して、その金融機関とは関係のない虚偽のウェブサイトにアクセスさせることで、その金融機関になりすまして暗証番号など重要なお客さまの情報を不正に取得しようとする行為。
※2 パソコンなどで入力された個人情報を利用者が気づかないうちに収集して、インターネット経由で送信してしまう不正ソフト。

■ご注意

(1) セキュリティ対策ソフトは、常に最新の状態に保ってください。
(2) スパイウェアは、次のような場合に気づかれないままパソコンに侵入すると言われていますので、十分にお気をつけください。
・ 電子メールの添付ファイル(実行ファイル・画像ファイル等)開封時
・ フリーソフトのダウンロード時
・ ファイル交換ソフト利用時
・ メッセージサービス利用時
・ 不審なサイト接続時
(3) 当行ではセキュリティ対策として、「ソフトウェアキーボード」と「PhishWallプレミアム」をご用意しておりますので、是非ご利用ください。
(4) 口座の取引明細や残高を定期的にご確認いただくとともに、振込操作完了等が通知される「電子メール通知サービス(メールアドレスを登録するだけで利用できます。)」をご利用ください。なお、万一、身に覚えのない不審なお取引(振込によるお引出し、メールアドレスの変更等)があった場合は、すみやかにお取引店までご連絡ください。
前のインデックスページへ戻る


最新の修正プログラムを適用
OSやブラウザには、必ず最新の修正プログラムを適用してください。常に最新版にすることで、セキュリティが高まります。
修正プログラムの詳細は マイクロソフト社のサイトをご参照ください。

サポートの終了したOSについては、最新の状況に対応できなくなり、セキュリティ上の危険性をもたらす可能性がありますので、新しいOSに移行されることをお勧めします。
サポート終了の詳細は マイクロソフト社の案内をご参照ください。
前のインデックスページへ戻る


0
トップページへ戻る