武蔵野銀行

金融機関コード:0133

よくあるご質問

むさしのダイレクトアプリ

Q.01
アプリのダウンロード方法を教えてください。
A.
スマートフォンで、以下のダウンロードサイトへアクセスし、「むさしのダイレクトアプリ」をダウンロードしてください。
  • iPhoneアプリ
    iPhoneアプリ
  • Androidアプリ
    Androidアプリ
Q.02
アプリは有料ですか。
A.
アプリを使用する場合の使用料は無料ですが、ダウンロードおよびご利用にかかる通信料は、お客さまのご負担となります(本アプリのバージョンアップの際や本アプリが正常に作動しないことによる再設定などで追加発生する通信料を含みます)。
Q.03
アプリの推奨環境を教えてください。
A.
Android(6以上)、iOS(10以上)のスマートフォンに対応しております。最新のOSはリリース後順次対応する予定です。なお、タブレット端末では、正常に表示されない場合がございます。
Q.04
現在、他社のセキュリティ製品を使用していますが、本アプリを利用することで何か問題はありますか。
A.
問題ございません。他のセキュリティ製品と合わせて使用することで、セキュリティが向上します。
Q.05
アプリが起動しません。
A.
お使いのOSが対応しているかご確認ください。対応している場合、アプリが正しくインストール出来ていない可能性がございますので、一度アプリを削除(アンインストール)していただき、再インストールをお願いします。
Q.06
アプリ起動時のチェック項目はどのような機能ですか。
A.
  • 「アプリ署名チェック」(AndroidOSのみ)
    ・本アプリが正規であるか、不正な改ざんがされていないかをチェックします。
  • 「Root化/jailbreakチェック」
    ・お使いのスマートフォンが不正に操作されていないかをチェックします。
  • 「サーバー真正性チェック」
    ・接続先のサーバーが武蔵野銀行の正規のサーバであるかをチェックし、フィッシングを防ぎます。
Q.07
iOSでは「アプリ署名チェック」が行われませんが、どうしてですか。
A.
Apple社のマーケット(App Store)では、アプリを登録する際に厳格な審査(アプリコードチェック)があるため、「アプリ署名チェック」は対応しておりません。
Q.08
「アプリ署名チェックエラー」が検知されました。どのように対応したらよいですか。
A.
アプリを削除(アンインストール)していただき、Google Playから再インストールをお願いします。
※アプリの削除は端末の「設定」→「アプリケーション」からできます。
Q.09
「Root化/jailbreakチェック」が検知されました。どのように対応したらよいですか。
A.
端末の初期化(工場出荷時状態への復元)が必要です。初期化により端末のデータが消去されますので、事前に必ずデータのバックアップをお取りください。
Q.10
「サーバー不正エラー」が検知されました。どのように対応したらよいですか。
A.
ご利用のネットワークがWi-Fiの場合はWi-Fiの管理者へお問合せください。Wi-Fiでない場合はスマートフォンの「電源 OFF→ON」や「アプリの削除(アンインストール)→再インストール」をお試しください。
Q.11
「サーバー確認エラー」が検知されました。どのように対応したらよいですか。
A.
以下の対応をお願いします。
  • ・ご利用の端末がネットワークに接続されているか、機内モードになっていないかをご確認ください。
  • ・少し時間を空けていただき、再度アプリを起動してください。
  • ・ご利用のネットワークにプロキシ(中継)サーバーの設定が必要な場合、端末のネットワーク設定でプロキシ設定を行ってください。また、AndroidOSでは本アプリ内の設定画面でもプロキシ設定を行ってください。
Q.12
ウイルスチェックはどのように行うのでしょうか。(AndroidOSのみの機能)
A.
本アプリを起動したときに選択できます。また、メニューから「スキャン」→「ウイルススキャン開始」で実行できます。
Q.13
定期スキャンの時間(間隔)は変更できますか。
A.
変更できます。メニューの「設定」→「定期スキャン間隔」から設定できます(1〜23時間の範囲で指定できます)
Q.14
本アプリを起動したときのウイルスチェック確認は省略できますか。
A.
省略できます。メニューから「設定」→「起動時チェック」でOFFに設定してください。
Q.15
ウイルスチェックにかかる時間はどのくらいですか。
A.
インストールされているアプリ数、容量等によって変動しますが、目安として1アプリ2〜3秒程度かかります。
Q.16
ウイルスチェックで脅威が発見されました。どのように対処すればよいでしょうか。
A.
インストールしたアプリを実行せず、脅威一覧から脅威が検出されたアプリを選択し、詳細画面でアンインストールを行ってください。
Q.17
iOSにはウイルスチェック機能がありませんが、大丈夫でしょうか。
A.
Apple社のマーケット(App Store)では、アプリを登録する際に厳格な審査(アプリコードチェック)があるため、ウイルスは存在しないと公言しているため安全という認識です。また、iOSの仕様上、現状ではアプリの情報を取得できないためチェック自体行えません。今後、状況の変化があれば、早急に対応を検討する予定です。
Q.18
他のアプリを利用している時に、定期ウイルススキャンが実行されるとどうなりますか。
A.
バックグラウンドで行うため、他のアプリに影響はございません。(ウイルスが検知された場合、本アプリが起動することがあります)。
Q.19
突然、notificationにウイルスチェック開始が通知されることがありますが、大丈夫でしょうか。
A.
定期スキャンが実行されているか、もしくは他のアプリの自動更新をチェックしている場合、通知が表示されることがございます。
Q.20
ブラウザを閲覧中、不正なコンテンツを検知しましたが、どのように対応すればよいでしょうか。また、アクセスして問題ないでしょうか。
A.
すぐに該当ページを閉じてください。アクセスした場合でも、ログイン画面やフォーム送信画面など、こちらから情報を送信しなければ、基本的に問題ありません。
Q.21
本アプリを終了するにはどのようにしたらよいですか。
A.
インターネットバンキングログアウト後、Androidは「メニュー」→「終了」から、iOSは「設定」→「アプリケーション終了」から終了することができます。

インターネットバンキング むさしのダイレクト

  • ご利用案内
  • 体験版
  • キャッシュカードでかんたん残高照会
  • 店舗・ATMのご案内
  • 手数料一覧
  • 金利一覧
  • 日本・世界のマーケット
  • 各種お手続き

このページの先頭へ